ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

令和元年12月6日「あっぷりけ戦隊!奈良まもりたい」による「ジョグパトin富雄」

[2019年12月16日]

ID:3992

ジョグパトin富雄

 12月6日(金曜日)、「あっぷりけ戦隊!奈良まもりたい(別ウインドウで開く)」(以下“あっぷりけ戦隊”といいます)の4名のメンバーは、近鉄富雄駅周辺で、下校時の子供の見守り活動を目的としたジョグパトを実施しました。

 始めに、入念に準備体操した後、奈良県警察本部犯罪抑止対策室の担当者から、本日のパトロールコースについて説明を受けました。

 みんなで、奈良県警察が公開している不審者マップで、子供や女性に対する脅威事犯や性的犯罪が発生したポイントを確認し、危険個所を通過する約5キロのコースを走ることになりました。

富雄駅前での集合写真
準備体操の様子
コースの選定の様子

小学校周辺における子供見守り活動とジョグパト

 小学校周辺において、下校時の子供の見守り活動を行いました。

 低学年の児童の下校時間に合わせて、下校する子供達に挨拶した後、ジョグパトしながら子供見守り活動を行いました。

 子供達に、「気をつけて帰ってね」「さようなら」と声をかけると、「さようなら」と元気に挨拶を返してくれました。

立哨活動の様子
ジョグパトの様子1
ジョグパトの様子2

青パトや徒歩で見守り活動をする防犯ボランティアの皆さん

 ジョグパトを行っていて驚いたのが、富雄地区では子供の見守り活動を行う防犯ボランティアの方がたくさんいる、ということでした。

 私たちがジョグパトをすると聞いて、パトロールコースで待ってくださっていた「みどりのおじさん」から、いろいろとお話を聞かせていただきました。

 私たちもよく知っている事件ですが、平成16年に富雄地区で発生した小学生女児誘拐殺害事件という悲しい事件を契機に、「富雄地区から子供の被害を出さない」という思いを持って、多くの方が今でも防犯ボランティア活動に従事しているそうです。

 「みどりのおじさん」は、マイカーの青色防犯パトロール車で、「いかのおすし一人前」のメロディを流しながら、子供の見守り活動をされているそうです。

 車内には地元の小学生からプレゼントされた手作りのマスコットキャラクターを飾っておられ、子供達の笑顔を励みに、活動されているそうです。

 下校中の子供達が「みどりのおじさん」を見つけると駆け寄って、学校での出来事を話しているのが印象的でした。

「みどりのおじさん」からの説明の様子
青色防犯パトロール車の写真

小学生女児連れ去り現場での黙とう

 ジョグパト中、小学生女児の連れ去り現場付近に立ち寄りました。

 現場には女児の名前にちなんで楓の木が植えられています。

 警察本部担当者から事件の概要について説明を受けた後、皆で黙とうしました。

 この場に立ち、改めて、子供の命を守ることの大切さを実感し、これからも子供を犯罪の被害から守るために活動していきたいという気持ちが強まりました。

楓の木の写真
黙とうの様子

 これまでは、定例会の後にジョグパトをしていたので、夜間における女性の性犯罪被害防止が主な目的でしたが、昼間に子供の見守り活動を行う、というのはとても新鮮でした。

 これからも、この活動を続けていきたいと思います。

お問い合わせ

奈良県警察本部生活安全部生活安全企画課犯罪抑止対策室