ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

南都銀行と連携した安全安心アンケート

[2021年4月20日]

ID:4626

安全安心アンケート概要

 県警察では、特殊詐欺をはじめとした各種犯罪の抑止対策に役立てるため、株式会社南都銀行と連携し、令和2年11月から、同行ATMを活用した「安全安心アンケート」を実施しています。

安全安心アンケート開始式の写真

ATMをご利用の際に、一定の確率でアンケート画面と「はい」「いいえ」「画面表示終了」のボタンが表示されますので、ぜひ回答をお願いします。

第1弾アンケート結果

 第1弾アンケートは、「キャッシュカードを家まで取りに来る詐欺の手口を知っていますか?」という質問でした。

 令和2年11月11日から同年12月31日までの有効回答数79,469回を分析したところ、回答結果に性別による大きな差はみられませんでした。

 一方、年齢別にみると、若年者より高齢者の方が認知度が高いことがわかりました。

 高齢者の方が「手口を知っている」人が多い結果になりましたが、特殊詐欺の被害者のうち、高齢者が占める割合は、全体の約9割(※)に上ります。(※令和2年中の県内被害における割合)

 手口を知らない人はもちろん、知っている人も、日頃から被害を予防するための対策をしましょう。

第1弾アンケートの画面

アンケート画面の画像

集計結果

集計結果グラフの画像

キャッシュカード型の手口と対策

キャッシュカード型の手口

 犯人がキャッシュカードを取りに来る手口では、まず、ご自宅の固定電話に金融機関の職員や警察官などを名乗る電話がかかってきます。相手の話をうのみにせず、一旦電話を切って、金融機関や警察署へ事実確認をしてください。

【金融機関の職員を名乗る場合】

 「市役所から還付金の連絡がありましたが、キャッシュカードが古くて手続きできません。ご自宅の近くを職員がまわっていますので、交換にうかがいます。手続きに必要なので、暗証番号を教えてください。」などと言われ、自宅に犯人が来訪する。

【警察官を名乗る場合】

 「犯人を捕まえたら、あなたの名簿が出てきた。口座が犯罪に悪用されているかもしれない。私服の警察官がうかがうので、キャッシュカードを確認させてほしい。封筒にカードを封印するので、暗証番号をメモしてカードと一緒に封筒に入れてください。」などと言われ、自宅に犯人が来訪する。

4コマ漫画1

 1 金融機関や警察官を名乗る電話がある

4コマ漫画2

 2 暗証番号を聞き出される

4コマ漫画3

 3 犯人が来訪する

4コマ漫画4

 4 お金を引き出される

日頃の予防対策のポイント

 特殊詐欺の被害を予防するために大切なポイントは3つ。

1.具体的な手口を知ること

 特殊詐欺は、社会情勢に応じて流行の手口が変わりやすい犯罪です。

 県警察では、防犯情報紙「やまとの安全」やメールサービス「ナポくんメール」で流行の手口を注意喚起していますので、ぜひご利用ください。

2.誰かに相談すること

 犯人は詐欺師。だましのプロで、言葉巧みにもっともらしい話をしてくるので、一人で見破るのは簡単ではありません。日頃から、電話でお金の話が出れば、必ず誰かに相談するようにしておきましょう。

 ご家族やお友達などの身近な人や、警察や消費生活センターなど、相談しやすい人に相談してください。

  • 警察相談ダイヤル #9110
  • 消費者ホットライン (局番なし)188

3.電話機に対策をすること

 特殊詐欺対策で最も効果的なのは、電話機対策です。

 在宅中も留守番電話に設定したり、ナンバーディスプレイを活用し、知らない番号の電話には出ないことが有効です。

 中でも、迷惑電話を防止する機能が付いた「防犯電話」は、高齢者世帯やお子様だけでお留守番することがあるご家庭には特におすすめです。

 非通知からの着信を自動で拒否する機能や、電話をかけてきた相手の声を録音する機能など、様々な防犯機能が付いているので、実際に自宅の電話機を「防犯電話」に替えた人からは「悪質なセールスが減った」「安心して生活できるようになった」などの声が寄せられています。

 家電量販店などの電話機コーナーには、様々な防犯電話が展示されていますので、ぜひ一度、足を運んでみてください。

 全国防犯協会連合会のホームページには「優良防犯電話」が紹介されていますので、参考にしてください。


キャッシュカード型の手口と対策チラシ

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

奈良県警察本部生活安全部生活安全企画課犯罪抑止対策室