ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

クロスボウが所持禁止になりました!

[2022年3月15日]

ID:4803

 令和4年3月15日に改正銃刀法が施行され、クロスボウの所持が原則禁止・許可制となりました。不法に所持した場合、罪に問われます!(3年以下の懲役又は50万円以下の罰金)

銃刀法の規制対象となるクロスボウとは?

 引いた弦を固定し、これを解放することによって矢を発射する機構を有する弓のうち、矢の運動エネルギーの値が人の生命に危険を及ぼし得る値(6ジュール)以上となるものです。

自宅などでクロスボウを所持している場合は?

 令和4年9月14日までに許可申請をするか、警察に処分を依頼してください。(令和4年9月14日までにこれらの措置を講ずれば、罪に問われません。)

具体的な処分方法は?

 最寄りの警察署に直接持ち込んでいただければ、無償で処分します。
 

詳細は、警察庁ウェブサイト「クロスボウの所持が禁止されます!」(別ウインドウで開く)をご覧ください。

お問い合わせ

奈良県警察本部生活安全部生活安全企画課許認可審査室