ページの先頭です

奈良県留置施設視察委員会の活動状況

[2018年5月22日]

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

奈良県留置施設視察委員会

奈良県留置施設視察委員会の設置

 平成19年6月に施行された刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律に基づき、留置施設の運営の透明性を確保するため、奈良県警察本部に奈良県留置施設視察委員会(以下「委員会」)が設置されました。

視察委員会の組織

 委員会は4人の部外者からなる委員で組織されており、身分は奈良県公安委員会が任命する非常勤の地方公務員です。

 委員の任期は1年で、2回に限り再任することができます。

視察委員会の任務等

 委員会の任務は、県下の警察署留置施設を視察し、その運営に関し、留置業務管理者(警察署長)に対して意見を述べることです。

 そのため、

  • 留置業務管理者から留置施設の運営状況に関する情報の提供を受ける。
  • 被留置者と面接する。
  • 被留置者から書面の提出を受ける。

ことができます。

視察委員会の意見等の公表

 委員会が留置業務管理者に対して述べた意見とこれを受けて留置業務管理者が講じた措置の概要等を奈良県警察のホームページ上で公表します。

奈良県留置施設視察委員会の活動状況等

平成29年度奈良県留置施設視察委員会の活動状況等

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

奈良県警察本部警務部留置管理課


Copyright (C) Nara Prefectural Police All Rights Reserved.