ページの先頭です

奈良県警察嘱託警察犬について

[2018年9月15日]

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

嘱託警察犬について

嘱託警察犬とは

 嘱託警察犬とは、民間の訓練施設等で「飼育・訓練」され、奈良県警察から嘱託を受けた訓練犬のことで、警察から要請を受けて指導者(訓練士)と共に事件捜査や行方不明者の捜索などに出動していただきます。

嘱託警察犬になるには

 嘱託警察犬になるには、審査会に合格する必要があります。

 奈良県警察では、年に1回、嘱託警察犬審査会を開催しています。
 審査会は、3つの部門に分けて実施します。

足跡追及の部

 足跡の臭いを追って、犯人の逃走方向や犯人、犯人が落としたものなどを発見します。
足跡追及の様子

臭気選別の部

 台の上から、犯人の臭いと同じ臭いのついた布を選んで持ってきます。
臭気選別の様子

捜索救助の部

 空中に漂う臭いを追って、行方不明者を発見します。
捜索救助の様子


 審査に合格した訓練犬は、翌年の1月1日から12月31日までの1年間、「奈良県警察嘱託警察犬」として、指導者の方と共に嘱託させていただきます。

お問い合わせ

奈良県警察本部刑事部鑑識課(2階)企画指導係


Copyright (C) Nara Prefectural Police All Rights Reserved.