ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

水難事故対策

[2021年2月4日]

ID:20

 ここでは、県内で発生した水難事故の状況や、その防止対策について解説します。

令和2年中の水難事故発生状況

14件15名発生(うち死者4名)

水難事故事故発生件数
区分令和元年令和2年増減
発生件数(件)914+5
水難者数
区分令和元年令和2年増減
死者24+2
行方不明00±0
負傷者103-7
無事救助88±0
合計2015-5

水難事故防止の留意事項

保護者の方や大人の方へのお願い!<子どもを水の事故から守るため>

  • 危険な場所で遊んでいる子どもを見かけたら「危ないよ!」と注意する。
  • 小さい子どもからは目を離さない。
  • 子どもだけで水遊びをさせない。

河川等へ出かけるみなさんへ <ちょっとした油断や過信が事故の元>

  • 飲酒をしての遊泳は絶対にしない。
  • 急流や深みなどの危険箇所に十分注意する。
  • 自分の泳ぐ力を過信しない。
  • 危険箇所での遊泳・岩場からの飛び込みは絶対しない。
  • 天候が悪化したときは、遊泳を中止する。
  • ダムの放流時は、急な増水に注意し、遊泳を中止する。

水難事故が起きてしまったら <ちょっとした油断や過信が事故の元>

  • 大きな声で助けを求める。
  • すみやかに消防・警察に通報する。
  • 浮き輪等があれば近くに投げる。
  • 二次災害のおそれがあるので、泳いで助けることはしない。

水難事故から大切な命を守りましょう。

外部リンク

警察庁ホームページ

「山岳遭難・水難」統計等(別ウインドウで開く)

上記リンクは「警察庁ホームページ」へのリンクです。

お問い合わせ

奈良県警察本部生活安全部地域課企画係