ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あいさつ・声かけ・鍵掛け運動「チャレンジ”絆”」

[2015年4月22日]

ID:1224

あいさつ・声かけ・鍵掛け運動「チャンレンジ”絆”」とは

 私たちの身近な犯罪である「住宅対象侵入窃盗」

 その増加要因の一つとして、住民同士の繋がりの希薄化に伴う、防犯力の低下が考えられます。

 そこで、住民による声かけ運動を中心とした活動の輪を広げて住民間の連帯意識を高め、「絆」を深めることによって、犯罪者が入り込みにくい地域を築き、犯罪を予防することに繋げようと取り組まれているのが、あいさつ・声かけ・鍵掛け運動「チャレンジ”絆”」なのです。

 実施地区では、「声かけ運動実施中 向こう三軒両隣裏隣」と書かれた防犯シートを門扉に、のぼり旗を地区内に掲げて、見知らぬ人には声かけを行うことで「見える」防犯活動を行っています。

お問い合わせ

奈良県警察本部生活安全部生活安全企画課犯罪抑止対策室